「ふぞろいの林檎たち Ⅳ」

dfa86eb67f988f9021a0c9727725874c

ほんとの顔が見えますか? 誰に関心ありますか?
忘れていることないですか? どんな明日が見えますか?

放送期間:1997年4月11日~7月4日 全13回
放送時間:毎週金曜、22:00~22:54
放送局:TBS系
脚本:山田太一
出演:中井貴一、石原真理子、時任三郎、手塚理美、柳沢慎吾、中島唱子、国広富之、高橋ひとみ、根岸季衣、佐々木すみ江、吉行和子、小林稔侍、長瀬智也、中谷美紀、洞口依子、北見敏之、中山仁、児玉真菜、篠崎杏兵、三村有己、山岸里紗、松崎駿司、松澤一之、横田進、矢崎滋、神保共子、草野裕、土師孝也、片岡五郎

【 解 説 】

 久しぶりに仲間たちが揃う、陽子と偏屈な末期がん患者との心のふれあいと別れ。新キャラクターであるデザイナー志望で上京してきた克彦と都議会議員の父と折り合いが悪く家出した美保の二人の若者を中心に良雄たちがまた集まる。、平均視聴率17.4%。

 石原真理子が話題の本『ふぞろいな秘密』を出版したことにより、『ふぞろいの林檎たち』を担当した元TBS、現在制作会社カズモ代表取締役、大山勝美プロデューサが「どうしてああいう本を出すのか。裏切られた」「これでは共演者にどうしてもしこりが残る。制作は極めて難しくなりました」コメントしパート5を準備していたものの絶望的になったことをあきらかに。

 『ふぞろい5』は何度か浮かんでは消え、今年も石原真理子が女優復帰したことにより検討されたようですがそれもならず。(今年だめたったのはたぶん中井貴一が主演兼プロデューサとして日中合作映画『鳳凰』を先日まで撮影していて忙しかったからではないかと)
 これで『ふぞろいの林檎たち』は83~97年、14年のシリーズで完結?

【 内 容 】

 山形から上京して間もない克彦(長瀬智也)は、かすかに訛が残る、朴訥とした青年だった。住まいが決まるまで友人の所に身を寄せていたが、ファミレスの店員、道路工事のガードマン、建設会社の下働きと、もう3度も職を替えていた。 それにしても東京は恐ろしい所だ。なぜか不当解雇された中年の恨みを晴らすための殴り込みを手伝わされたり、ある時には、増収賄の現場に偶然居合わせ、見つかって危険な目に合わされそうになる。 しかし、その場はある男に金で口止めされただけで、危うく難を逃れた。 ようやくアパートが決まり、実家からの荷物を待っている所へ、見知らぬ女性・美保(中谷美紀)が訪ねてくる。 実はあの晩、克彦に金を握らせた地方議員の一人娘が彼女なのである。 彼女は克彦が知っている情報を話すまでいるという。奇妙な同居が始まった。
 さらに不思議なのは、荷物が全然届かないことだ。運送会社に連絡してみると、しばらくして良雄(中井貴一)が訪ねて来たが、何か隠している様子で、どうも態度が煮え切らない。 翌日、車ごと行方不明になったと告げに来たが、それを境に良雄本人の居場所までわからなくなってしまう。

 いったい良雄はどこへ行ってしまったのだろう?健一(時任三郎)、陽子(手塚理美)、西寺実(柳沢慎吾)・綾子(中島唱子)夫妻、本田修一(国広富之)・夏恵(高橋ひとみ)夫妻、-現在ロスにいる晴江(石原真理絵)からは時々、陽子のもとへ手紙が来るようだが-再び、かつての“林檎たち”が集まり出した……。 失踪した良雄(中井貴一)から綾子(中島唱子)のもとへ連絡が入ったという知らせを受けて、西寺ラーメン店に駆けつける健一(時任三郎)たち。 一方、思いがけず服部(矢崎滋)と再会した克彦(長瀬智也)は、無理矢理、栄子(神保共子)の待つ家に連れて行かれる。 愛想良く振る舞う二人を不審に思っているところへ、なぜか田坂(草野裕)と警官が訪れ、克彦は暴力を振るったかどで連行されてしまう。 二人だけで会いたいという良雄の約束どおり、待ち合わせのスナックを訪れる綾子だったが、結局、姿を現した健一も加わって夜通し旧交を温める。 ようやく美保(中谷美紀)のいるアパートに戻ってきた克彦。治療代のほかに10万円を支払うことで和解したという。
 他人のために殴ったのに支払う必要はないと主張する美保に、克彦はもしかすると自分のためだったのかも知れないと漏らす。あの時、田坂が服部に向けて言った ‘おちこぼれ’という言葉が、自分のことを指している気がしたというのだ。 翌朝、良雄と健一は消えた荷物の事情を説明するために、克彦のアパートを訪れる。良雄は良かれと思って、料金の安い別の運送屋に頼んだのだという。

 克彦(長瀬智也)が偶然、贈収賄の現場に居合わせたあの日以来、アパートに転がり込んで来た美保(中谷美紀)。 しかし、克彦にとって彼女の正体は未だわからないままだった。さらに、女性として関心を示さない訳もなく、手を出そうとするが、返り討ちにあう。 また、普段どおり職場に復帰した良雄(中井貴一)に対し、最近スランプ気味の健一(時任三郎)。 ライバルの外国企業で働く江里(洞口依子)にビジネスで負けたのだ。 しかし、江里はなぜかそんな健一をヘッドハンティングしようとする。 その頃、仲屋酒店では店ををコンビニにしたいと思っている幸子(根岸季衣)と、頑として首をたてに振らない愛子(佐々木すみ江)が言い争っていた。 西寺ラーメン店を訪れる陽子(手塚理美)。子供たちが陽子に懐くのを、さらに実(柳沢慎吾)が褒めるものだから、店の仕事でかまってられない綾子(中島唱子)は内心面白くない。 そんな犬も食わない夫婦ケンカはさておき、病院で婦長を務める陽子は、ある一人の患者から愛の告白を受けて動揺していた。 一方、紛失した荷物の詫びとして、金を渡しに克彦のアパートを訪れた良雄。そこで良雄は克彦から美保の正体を知らないかと聞かれ、唖然とする。 その頃、美保は都議会議員の父・隆夫(中山仁)と会っていた…。 アパートに戻った美保は、克彦にもう一度あの晩のことを聞き出そうとするが、知らないの一点張り。 とうとう美保は克彦に別れを告げ、荷物を持って出ていってしまう。

  放送日程

第1話 1997年4月11日 ほんとの顔が見えますか?
第2話 4月18日 誰に関心ありますか?
第3話 4月25日 なに見て熱くなりますか?
第4話 5月2日 格好がいいのは誰ですか?
第5話 5月9日 心の話ができますか?
第6話 5月16日 あなたの正義はなんですか?
第7話 5月23日 そっちの道でいいですか?
第8話 5月30日 近くに闇がありますか?
第9話 6月6日 分かってないのは誰ですか?
第10話 6月13日 暴れたことがありますか?
第11話 6月20日 帰るところがありますか?
第12話 6月27日 忘れていることないですか?
最終話 7月4日 どんな明日が見えますか?

スポンサーリンク