「前略おふくろ様Ⅱ」

mainVial

「前略おふくろ様、俺は今日、深川をはなれます・・」

放送期間:1976年10月15日~1977年 4月1日(24回)
放送時間:金曜日21:00~21:55『金曜劇場』
放送局:日本テレビ
原案・脚本:倉本聰
俳優:萩原健一,桃井かおり,坂口良子,木之内みどり,室田日出男,川谷拓三,小松政夫

【 解 説 】

東京の下町を舞台に、照れ屋な板前の青年と周囲の人々との触れ合いを描いた青春ドラマの第二シリーズ。

料亭『川波』を舞台に、板前として働くサブ(萩原健一)や、サブを取り巻く様々な人達の人間模様を描いていく。

第2シリーズ最終回の前回は三郎の母・益代の告別式のシーンが描かれているが、その益代役を演じた田中絹代は最終回放送日の11日前に67歳で死去している。

同最終回では倉本聰の「ドラマに携わっているものはみな僚友、肩書なんぞ関係ない」という意向から、番組のラストで脚本の倉本本人をはじめ出演者、制作者、裏方などのエンドロールが異例とも言うべき肩書・役名なしの五十音順でクレジットされた。

「分田上」がなくなってから一年半、サブ(萩原健一)は秀治(梅宮辰夫)らと共に料亭「川波」で働いている。 元・芸者の女将・かや(八千草薫)には高校生の娘・冬子(木之内みどり)がいる。

そんなある日、「川波」に板前見習の修(志賀勝)がやってきた…。

見逃し配信あります!!

Amazon インスタント・ビデオ前略おふくろ様Ⅱ

Sale DVD&Blu-ray 前略おふくろ様 DVD-BOX

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DVD/CDレンタル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク