「妻は、くノ一」

111

「新婚早々失踪した妻は、“くノ一”だった!」

放送期間:2013年4月5日~5月24日(8回)
放送時間:金曜 20:00~20:43(BSプレミアム)
放送局:NHK
原作:風野真知雄「妻は、くノ一」
出演:市川染五郎,瀧本美織,若村麻由美,マイコ,
エンディング:「アルタイルの涙」山崎まさよし

【 解 説 】

原作は風野真知雄の同名小説。無類の天文好きで風采のあがらない男と、凄腕の“くノ一”が織り成す、せつない愛の物語。

市川染五郎が、寺子屋でこどもたちを教えながら、失踪した妻を捜しつづける主人公・彦馬を演じる。  瀧本美織が時代劇に初挑戦。

風野真知雄の「姫は、三十一」のシリーズの主人公、清湖姫(マイコ)も彩りを添えております。

海と星にしか興味のない平戸藩士・雙星彦馬(市川染五郎)のもとに、美しい妻・織江(瀧本美織)が嫁いできた。 だが、夢のような新婚生活もわずかひと月で、織江は理由も告げずに姿を消す。実は、織江は平戸藩を取りつぶそうと企む幕府の密偵だったのだ。

彦馬は、織江との短くも幸せな日々を忘れられず、妻を追って江戸へ赴く。 そこで彦馬は、旧友の千右衛門(堀部圭亮)から、平戸藩前藩主・松浦静山(田中泯)に引きあわされる。 静山は、織江が幕府の密偵であることを見抜き、もし目の前に現れれば斬ると彦馬に明言する。

一方、織江は、お庭番・川村真一郎(和田聰宏)の命により、江戸で静山の動静を探ることに。そんな中、彦馬が自分を捜して江戸にまで出てきていること知り、心を乱される。 彦馬に「このままで」と書き置きを残した織江も、彦馬との生活を忘れられないでいたのだ。 くノ一としての任務と、彦馬への恋慕の間で揺れる織江。ふたりが再び一緒になる日はくるのだろうか・・・。

放送日程

第1回 2013年4月5日 織姫と彦星
第2回 2013年4月12日 あやかし
第3回 2013年4月19日 歩く人形
第4回 2013年4月26日 忍びの宿命
第5回 2013年5月3日 いのちのお守り
第6回 2013年5月10日 つぐない
第7回 2013年5月17日 身も心も
最終回 2013年5月24日 いつの日か

51VKXwslNLL

Watch on Amazon

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DVD/CDレンタル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク