「炎の犬」

1980年~1989年

20141026183832

人間と犬の愛情の物語。

 

 

 

 

 

 

 

 

放送期間:1981年1月6日~3月31日(13回)
放送時間:毎週火曜日 21:00~21:54
放送局:日本テレビ系
制作:三船プロダクション
出演:三ツ矢歌子、高橋悦史、夏江麻岐、松田洋治、平泉征
ナレーション:矢島正明
20141026183925.jpg
 主題歌:「サンセットメモリー」歌:杉村尚美

 

【 解 説 】

 紀州犬の親子を飼っている一家と飼い犬たちの愛情物語。 主人公のリュウ(成犬後)を演じた犬は、あおい輝彦の飼い犬である。

 前番組の「警視-K」は当初半年の予定が、視聴率の低迷と予算オーバーの影響で打ち切りとなり、急遽制作された。視聴率も10%半ばに回復し、後番組「プロハンター」のつなぎ番組の役目を果たした。

 杉村尚美が歌う主題歌「サンセットメモリー」は46万部のヒット曲となった。

0_16.26.42]

【 内 容 】

 中江一家は、優秀な猟犬の「ラン」と、ランの子で少しも命令が守れない子犬の「リュウ」を飼っている。

 ある日、一家の父親・淳司は狩猟犬として優秀な母犬のランだけを連れてイノシシ猟に行こうとする。息子の憲司は、子犬のリュウの成長を願い「リュウにもチャンスを与えて連れて行ってやって欲しい」と、父親に懇願する。憲司はサッカー部で落ちこぼれる自分と、猟犬としてはのん気でダメなリュウがどこか似ているように感じて特に可愛がっていたのだった。

 猟に連れて行ってもらったリュウは、イノシシと猟銃の銃声に驚き、淳司やランから離れてどこかへ逃げてしまう。淳司は必死で捜索するが、とうとうリュウを見つけることはできなかった。飼い主と母親からはぐれ、迷い犬になったリュウは、深い雪の山中を母親を求めてさまよい歩く。

 リュウがいなくなってから、中江一家ではリュウの身を案じて心配する日々を過ごしていた。そんな時、淳司は欠勤していた部下から電話を受け、あわてて出て行った。その夜、中江家に淳司を訪ねて刑事がやって来た…。

 

Sale DVD&Blu-ray

炎の犬 DVD-BOX(5枚組) [DVD]

 

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DVD/CDレンタル

 

 

コメント