『花と蛇 3』

20150315163241

覚醒。
危険な調教がもう一人の私を
目覚めさせた。

日本公開:2010年8月28日
製作国:日本
配給:東映ビデオ
ジャンル:ドラマ/エロティック
原作:団鬼六
監督:成田裕介
出演:小向美奈子、本宮泰風、小松崎真理、琴乃、睦五朗、水谷ケイ、火野正平

【 解 説 】

 SM官能文学「花と蛇」を極限の映像で描く、待望の第3弾。

注目の静子夫人に、今最も危険な香りを漂わす女、小向美奈子を迎え、 更なる禁断の領域へと踏み込んだ!

才気あふれる美ぼうのヒロインが、官能のわなによって禁断の快楽の世界へと誘われていく。

主人公・静子を演じるのは、2009年にストリッパーとしてデビューし、世間の注目を集めた元グラビアアイドル、小向美奈子。

肉体への過激な責めが話題を呼んだ前2作から一転、本作では羞恥(しゅうち)など、精神的な責めによって魂を支配されるヒロインの変化が見どころだ。

  小向美奈子は、妖艶な静子夫人へと変貌を遂げていく撮影の裏側で、『これは私にとっての調教。とても怖い』と自らの心境を告白。

【 内 容 】

  新進チェリストの美女・静子(小向美奈子)は、関西財閥の会長・海東義一郎と結婚。

しかし、幸せな生活もつかの間、静子をわが物にしようとする遠山グループの総裁・遠山隆義(本宮泰風)の魔の手が忍び寄ってくる。

欲望のためには卑劣な手段もいとわない遠山は、静子の夫を破産に追い込み、借金の抵当として静子を自らの妻にし……。

71bCqWJN+aL._SL1378_

Watch on Amazon

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DVD/CDレンタル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク